Aiプロジェクトとは

Aiプロジェクトとは、稲葉篤紀が彼自身を応援、そして育ててくれた「第二の故郷」である北海道への恩返しのために、何ができるかを考え、実践してゆく社会貢献、地域還元プロジェクトです。


地域還元活動「北海道Aiバトンリレー」

約1,300校ある全道の小学校に対して、運動会に於いて使用する「リレー用バトン」を寄贈します。 稲葉篤紀を応援してくれる北海道。その北海道の次世代を担う子供たち。その子供たちが皆でバトンを繋ぎ、力を合わせて、より良い明日の北海道、そして明るい社会を創造していく。それが、この「北海道Aiバトンリレー」のゴール(目標)です。 そんな想いをひとつひとつのバトンに込め、全道の小学校に贈ります。
詳細はこちら


この度、Aiプロジェクトの一環として「北海道Aiバトンリレー」を実施することになりました。これは、約1300校ある全道の小学校に対して、運動会に於いて使用する「リレー用バトン」を各小学校に寄贈していくという活動です。 バトンには、私のモットーである「全力疾走」というフレーズをプリントしています。リレーは皆で力を合わせて、ひとつのバトンを繋いでゴールを目指す競技です。私は、野球を通じて皆で力を合わせることの素晴らしさ、そしてそこから生み出される力の凄さというものを、様々な場面で経験してきました。

私を応援してくれる北海道。その北海道の次世代を担う子供たち。その子供たちが皆でバトンを繋ぎ、力を合わせて、より良い明日の北海道、そして明るい社会を創造していく。それが、この「北海道Aiバトンリレー」のゴール(目標)です。そんな想いをひとつひとつのバトンに込めて、全道の小学校に贈りたいと思います。

一人ひとりの力は小さいかもしれませんが、リレーのように力を合わせて、心を繋いでいけば、必ずこのゴール(目標)には必ず辿りつけると、私は信じています。このバトンに触れたときに、私のそんな想いが伝われば本当に幸せなことです。このバトンを持って、全力疾走する子供たちの姿を見ることを、今からとても楽しみにしています。
北海道日本ハムファイターズ 稲葉篤紀


少年野球教室

札幌ドームに観戦に来ることが難しい地域を中心に、稲葉篤紀主催「Aiベースボールクリニック」を実施します。子供たちとのふれあいを通じ、子供たちに夢と希望を与え、青少年の育成、道内スポーツ振興に貢献します。


児童施設訪問

北海道の子供たちに勇気と希望を与えるべく、道内の児童施設を訪問。自らの体験から夢を持つことの素晴らしさ、あきらめないことの大切さなど子供たちの今後の人生に活きるメッセージを伝えます。またシーズン中には、施設の子供たちを札幌ドームに招待します。


講演会・トークショー

道内各地を周り、当該活動への道民の賛同を得るべく、稲葉篤紀の北海道への感謝の想いを伝えていきます。


チャリティーグッズ

「Ai」、「全力疾走」、「底力」をキーワードに稲葉篤紀オリジナルグッズを製作・販売します。また、売り上げの一部を地域還元活動(北海道バトンリレー)に有効活用します。


エコプロジェクト

北海道の自然環境を守る為、何ができるかを考え、啓発活動を含め様々な環境保全活動に取り組む予定です。


協力企業
project
Book
Mobile

このページの先頭へ

協賛企業紹介 SAPPORO BUBU 三井ホーム ゼビオ株式会社

詳細はこちら